髪の毛が傷む→トリートメント????


髪の毛が傷む→髪の毛にトリートメントする
これは自然な流れですよね。
ただ勘違いしてはいけないのはトリートメントはあくまで”補修”をしているのであって髪の毛を修復していないと言うことです。
トリートメントすれば髪の毛が完全に復活すると思っている方も少なくないと思います。
なぜならそう言うアナウンスをしている美容師もいるからです!
僕は本当に必要なものを提案致します。

髪の毛が傷むと言うことは髪の毛にダメージホールと呼ばれるものが生じると言うことです。
髪に穴が開くと思って頂けたらわかりやすいです。
その穴をトリートメントで補修し穴を塞ぐという理論です。
穴にトリートメントが入りこみ上からコーティングするのが一般的のやり方なのですがその穴(ダメージホール)はアルカリカラーやパーマ、縮毛矯正が原因で生じます。
そしたらその穴を開けなければ良いと思いませんか?
弱酸性カラーや弱酸性縮毛矯正は髪に穴を開けません。
なぜならすでに開いている穴に入りこみ髪に浸透するからです。
弱酸性の薬剤はアルカリと比べて髪に対しての負担が少なく通常よりも柔らかい質感になり艶が生まれます。
髪を内側から本当に綺麗にするのであれば絶対に弱酸性の薬剤をオススメ致します。
現状のダメージが気になってる方は一度ご相談ください!
髪質改善トリートメントもご用意しておりますので幅広くご対応致します。



defi offcial

Hair salon défi

ダメージのない美しく綺麗な髪の毛にする為に... 一人一人としっかり向き合いお悩みを解消できるよう にdéfiオリジナルの厳選した商材と常に一歩上を目指 す最高の技術でお客様をお迎えします。 外面だけでなく内面も必ず綺麗にすることを忘れず その人それぞれの心と向き合い髪をつくります。 そして個性を引き出します。

0コメント

  • 1000 / 1000