défiオリジナルの弱酸性縮毛矯正で髪質改善!


縮毛矯正を定期的にされている方少なく無いはずです。
周期は人それぞれですよね。

繰り返している方はある程度知識があるかもしれません。
特に初めてやる方、もしくは検討している方に読んで頂きたいのが今回のブログです。

よく美容師のSNSで縮毛矯正をやった、というような内容で毛先までツルツルのお写真見たことないですか?
僕はよく見かけます。
それと同時に
「あ、やっちゃってるな」
と思います。
もしかすると画像を加工しているケースもございます。
ただ一番多いのがストレートアイロンで毛先は仕上げてあたかも全体的に縮毛矯正をやったと思わせる投稿です。
結論から言うと縮毛矯正で毛先は潤いません。
なぜかというと縮毛矯正はより毛髪内部を乾燥させるためどちらかというと髪をパサつかせます。
なので僕は縮毛矯正のお客様は毛先まで薬剤を塗布しません。
根元のリタッチがメインボリュームが気になる場合は中間まで薬剤を塗布するという流れにしています。
毛先のパサつきとボリュームが気になる場合は確実に髪質改善トリートメントか通常のトリートメントをすることをオススメ致します。

弱酸性の縮毛矯正を普段からしている僕が言っているので間違いありません。
弱酸性ですら毛先をパサつかせる可能性があります。

毛先がどうしても気になる場合はプレミアム弱酸性縮毛矯正というメニューがございます。
根元や中間は縮毛矯正で毛先は髪質改善トリートメントで内部補修もしながらボリュームを落ち着かせます。

ダメージは知らないうちに髪に蓄積します。

ご新規のお客様とは特に話し合いながら理想のヘアスタイルを導き出したいと思っておりますのでカウンセリングにお時間かかるかと思います。
今より更に素敵なライフスタイルをご提供したいと強く思っております。

渋谷と表参道の中間地点にある隠れ家的なプライベートサロンです。
技術、接客、空間すべてにこだわりがありますので皆様のご来店心よりお待ちしております。



défi offcial

Hair salon défi

ダメージのない美しく綺麗な髪の毛にする為に... 一人一人としっかり向き合いお悩みを解消できるよう にdéfiオリジナルの厳選した商材と常に一歩上を目指 す最高の技術でお客様をお迎えします。 外面だけでなく内面も必ず綺麗にすることを忘れず その人それぞれの心と向き合い髪をつくります。 そして個性を引き出します。

0コメント

  • 1000 / 1000